読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転勤族ワーキングママのシンプルリッチなくらし

我が家は転勤族。なるべくシンプルに、お気に入りにかこまれて暮らしたい

10週4日出血、ラミセル激痛で手術選択を大後悔。⑤

稽留流産

 

前回の診察(火曜日)よりちょこちょこ出血が増え始め、木曜日の午後にはトイレに行くたび、出血するようになりました。

 

色も、茶→赤黒に変わってきました。

 

金曜日の朝起きたら、腰痛がひどくなっていました。

あ!これ生理前のやつだ!

 

昨日から、出血も赤になってきているし、今日はさすがに仕事にいくのもつらいと思ったので、病院に電話。

すぐ来てくださいとのこと。

あわよくば、今日手術してもらえた方が都合がいいなと、同意書を用意。朝食も食べず、水ものまないようにしていきました。

今日は女の先生。

 

このまま、自然に流れるを待ってもいいと思いますとのこと。

袋も小さいし、手術が怖くて待つ人も多いのだとか。

 

そうなると、3連休で出血増え、火曜も病院か・・。と思い、今日手術できるか確認。

仕事もあり、上のお子さんもいるなら、その方がいいですねとのことで、急遽手術することに。

 

 

しかし、これが大間違い。

 

では、前処置しますねとラミセル挿入。

!!

!!!!

 

痛い、痛すぎる。

ネットには、痛かった。という人と違和感程度という人とまちまち。

経産婦だから大丈夫かと思ってましたが、激痛。

座薬してもらいましたが、それでも痛い。

 

あーなんで手術しますなんて言ったんだろう。辞めます、辞めます、抜いてください。

 

病室に移動する途中、あまりの痛さで倒れてしまい、近くの処置室で休ませてもらいました。

痛みでふらついて倒れるなんで人生初でした。

 

処置室で休む間も、あーなんてバカな判断をしたんだ。自然にでたかもしれないのに。それでも痛いとは思うがここまで痛いことはないだろう。これ、上の子のお産のわりときついときの陣痛。しかも波もないからずっと痛い。

 

あーバカだった。仕事なんてもはや自然流産待ちで1週間休んでもいい。今すぐナースコールして抜いてくれって言おうか。いやもう、もはや抜くのも怖い。絶対痛い。どうしよう、どうしよう。次は自然にしよう。

いや、次があるのも困る。周りのひとには自然を勧めよう。

 

1時間ほどして、ようやく重い生理痛程度になり、病室へ移動。

手術まで時間がありましたが、眠ることもできず、どきどきしながら過ごしていました。

 

夫は、手術になったよの連絡のあと倒れていたので、連絡がなく心配してくれていた模様。

 

この日はもともと娘の風邪で、妹に来てもらっていたので、手術のお迎えも妹に頼もうと思っていました。

痛くて倒れてたよ~と言ったら、午後から休みをとって、夫も帰ってきてくれました。

 

 手術記事、続きます。

 

 

 

わたしがあなたを選びました

わたしがあなたを選びました

 

 

 

 

 最初からはこちらから読めます。

 

simpleorange.hatenablog.com